生理前に大人ニキビができるわけ

生理前になると必ずといっていいほど、似たようなところにニキビができてしまうというパターンは多いです。

その大体が顎周りなのではないでしょうか?

思春期のニキビはどちらかと言うと額などのTゾーンにできやすいのですが、これは単純に皮脂の分泌の多い箇所だからという理由です。

 

ところが大人ニキビの場合は、そんなに脂っぽいとは思いにくいアゴや口の周りによく現れるのも特徴です。

 

これには性ホルモンの分泌が関係しています。

みなさん、生理の前と後とでは分泌されるホルモンの種類に量の変化があることはご存知ですね?
排卵後の高温期である黄体期では、エストロゲンが減少してプロゲステロンの分泌量が増えていきます。

 

大人ニキビが作られてしまう理由は、エストロゲンの分泌が少ない時期には肌の乾燥がおきやすいため、硬化した角質が毛穴を詰まらせてしまいます。

そしてその後に来る黄体期ではプロゲステロンの影響で皮脂の分泌が促されますから、すでに詰まった状態になっている毛穴に皮脂が増え、アクネ菌の増殖が大人ニキビを作ってしまうのです。

毎月のように大人ニキビができては消え、またできるのにはこのような女性特有の理由が存在しています。

 

ホルモンバランスの変化は内蔵の不調や、肌だけの問題ではないニキビの大きな原因のひとつです。

この悪循環を断ち切るのはなかなか難しい面もありますが、お肌のターンオーバーを乱さないように注意して、新しい肌細胞がどんどん生まれ変われる環境を整えることが大事なのです。

 

身体の内側の問題であるにもかかわらず、むやみやたらに洗顔してしまい、皮脂を取り過ぎて乾燥肌状態になったりしないように気をつけなくてはなりません。

 

大人ニキビの治し方では基礎化粧品の選び方も大切です。治りにくい原因や化粧水・洗顔料などの選び方についてわりと詳しく書かれていたサイトがありましたのでリンクを載せておきます。http://大人ニキビ治し方ねっと.com

 

 

ニキビダニが大人ニキビの原因?

ニキビの原因菌と言われているのは「アクネ菌」が有名ですよね。

 

でもそれ以外にもニキビを作ってしまうといわれているものがあります。

 

しかもそれは「虫」。

 

顔ダニとかニキビダニとか呼ばれている微生物で、ニキビのできているあなたの皮膚だけではなく、たとえ有名な女優さんであろうとも誰の顔にも巣食っているムシなのです。

 

毛包虫という生物の一種であるニキビダニは皮脂を餌にしているので毛穴の中に住んでいます。

 

顔にダニが寄生していると考えると気持ちが悪いですけれど、この虫、どんなに一生懸命洗顔してみてもすべてを駆除することは出来ません。

 

そして、このニキビダニこそがニキビを悪化させている原因なのかと言うと、それは大きな間違いです。

 

どちらかといえば、通常はお肌の上の皮脂バランスを保つ働きをする常在菌としての役割を担ってくれているありがたい(?)ヤツなのです。

 

にきびの中で見つかることが多いのでニキビダニと呼ばれていますが、ダニのせいでニキビになるということではなく、名前のせいで損をしているだけかもしれませんね。

 

ところが先ほども書いたように、皮脂を餌にしていることから、皮脂が過剰に分泌されてしまうとニキビだにもそれにつられて増加します。

 

いくらニキビを直接作り出しているのではないといっても大量発生すれば皮膚のコンディションが悪くなって肌荒れを起こしたりもします。

 

顔ダニと聞くと、気持ちの悪さが先に立つのでいかにもニキビの原因のようですが、お肌の水分バランスや皮脂バランスが整っていれば、特に気にする必要はないのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

大人ニキビ肌の基本的なスキンケア

大人ニキビの出来ているお肌は、清潔を保つだけでは改善しにくいとしたら実際の毎日のスキンケアはどのように行えばよいのでしょうか?

 

そして一番の重要ポイントでもある保湿ケアは、どのようなことに気をつけたらいいでしょうか?
すでに知っていることも多いとは思いますが、結局のところ基本を大切にしていく他はありません。

 
まず洗顔の際にはゴシゴシこすらないこと。とくにニキビの出来てしまっている箇所はやさしくていねいに!

そして熱いお湯ですすぎをしないこと。

 

その後は出来るだけすばやく化粧水でたっぷりと水分を補給すること。

大人ニキビのケアにおいては、美容成分としてビタミンC誘導体を含むものがおすすめです。

 

一旦角質層を十分に水で潤して置いてから、次に美容液やクリームなどでしっかりとバリア形成させます。

 

水分を与えただけでは、またどんどん蒸発して肌が乾燥してしまうため意味がありません。

 
基礎化粧品はどれもヒアルロン酸やセラミドなどの保湿に有効な成分が入っているものを選べばより効果も期待できます。

 

 

ただし、ニキビがある場合にはクリームなどの油分は毛穴をふさいで悪化させてしまう場合もあります。

ニキビ部分には避けて使用する方が安心と言えるでしょう。

 
ニキビ肌にメイクはおすすめできませんが、仕事上避けて通ることが出来ない場合に気を付けて欲しいことがあります。

 

ファンデーションをしっかり落とそうとしてオイルクレンジングを使うのはお肌にとって逆に負担になるのでやめるべきです。

 

肌のターンオーバーが促されれば、健康でニキビの出来にくい、しっとりとしたお肌が蘇りますよ。

 

 

大人ニキビと乾燥肌の関係

大人ニキビが悪化する理由の一つにお肌の乾燥が上げられます。

 

思春期ニキビの際には、とにかく洗顔してアクネ菌を根絶させることに重点を置くようなスキンケアでも改善が見込めたケースも多いと思います。

 

でもその方法は大人ニキビの場合は通用しないことが多いのも『お肌の乾燥』がかかわっているからなのです。

 

では、乾燥肌は大人ニキビの何に良くないのか?

 

その理由の最たるものは、乾燥が皮膚のバリア機能の低下につながりやすいからです。

 

皮膚では汗腺から汗を出して体温を調節したり、触感により痛みや熱さを感じたりする、からだを守るための防御膜としての役割を持っています。

肌のバリアー機能はとくに大切な働きの一つで、体の内側と外側を区別して外から有害なものが入ってくるのを防いでいます。

 

表皮とは、このバリアー機能の最前線。

 

表皮は皮脂腺から分泌される皮脂と汗が混ざり合ってできた天然の保護膜で構成されている皮脂膜と、何層にも重なり合った角質細胞とでそのキメを維持しています。

 

しかしながら、ひとたびこの皮脂と水分のバランスが崩れてしまうと角質層の順調なターンオーバーも乱れてしまうのです。

角質層のターンオーバーが正常に行われなければ、古い角質がはがれ落ちずに肌の上に残り続けるため角質層が厚くなっていきます。

するとその結果、皮脂腺の出口が狭くなってしまい、ニキビが出来やすい環境に変化してしまうのです。

 

過度な洗顔による皮脂の取り過ぎでも、肌は皮脂不足と判断しますので、その分泌が過剰になります。

 

適度な皮脂がお肌を適正な環境に保っていることを忘れないようにお手入れすることが大切なのです。

 

 

 

便秘は大人ニキビの大きな要因

口の周りにしょっちゅうニキビができては治りまた出来る、を繰り返しているあなたは実は便秘にも悩んでいませんか?

 

皮膚科にかかるニキビの患者さんの約8割に便秘の症状があり、額や顎、首などのフェイスラインにかけて白ニキビが多く見られるれる人や、いつまでもニキビが改善しない人には特に多い傾向がみられるそうです。

 

また、実際には便秘症であるにもかかわらず、指摘を受けるまで自覚が無かったという人も多いのだとか。

 

ここまで読んでみて思い当たった方は要注意!ですよ。

 

いくら洗顔に気を使ったり、高いニキビ用化粧品を購入しても治らない確率が高いです。
そもそも便秘とはなにか?というと、何日も正しく排便が行われない状況が続くことをさしています。

1日便通がないと即便秘かというとそうでもないのですが、スムースに出ないという感じがあるならそれは立派に便秘です。

 

まず口から入った食物は食道を通過し、胃から小腸を通過していく過程で糖分やたんぱく質、脂質、ミネラルといった栄養素が体内に消化吸収されていきます。

 

その食べ物の残りかすが便になるのですが、小腸の出口まではまだ多くの水分を含んでいて、大腸その水分が吸収されることで便の形になるのです。

 

そのため、ここで長くとどまってしまうと、水分がどんどん失われて硬くなり、排便がよりしにくい状態になっていくのです。

 

 

そして便の停滞により、腸内では腐敗作用が活発化してしまい有害物質が発生するようになります。

ここで生まれた有害物質は腸壁から吸収され血流にのって体内へとどんどん運ばれてしまいます。

末端の細胞まで行き着いた有害物質の作用で新陳代謝が低下し血行不良となるために、皮膚ではハリが失われツヤも悪くなり、いわゆる肌荒れが引き起こされます。

 

腸内は身体の免疫活動を支えている臓器でもありますから、環境が悪化すれば免疫力も低下します。

免疫力が下がれば雑菌類にも感染しやすくなりますし、ニキビが出来ればなかなか回復しません。

 

あなたの顎に出来ているそのニキビは、身体を巡った有害物質が出口を求めて皮膚の外に排出されようとしている毒素の象徴であるかもしれないのです。