大人ニキビと乾燥肌の関係

大人ニキビが悪化する理由の一つにお肌の乾燥が上げられます。

 

思春期ニキビの際には、とにかく洗顔してアクネ菌を根絶させることに重点を置くようなスキンケアでも改善が見込めたケースも多いと思います。

 

でもその方法は大人ニキビの場合は通用しないことが多いのも『お肌の乾燥』がかかわっているからなのです。

 

では、乾燥肌は大人ニキビの何に良くないのか?

 

その理由の最たるものは、乾燥が皮膚のバリア機能の低下につながりやすいからです。

 

皮膚では汗腺から汗を出して体温を調節したり、触感により痛みや熱さを感じたりする、からだを守るための防御膜としての役割を持っています。

肌のバリアー機能はとくに大切な働きの一つで、体の内側と外側を区別して外から有害なものが入ってくるのを防いでいます。

 

表皮とは、このバリアー機能の最前線。

 

表皮は皮脂腺から分泌される皮脂と汗が混ざり合ってできた天然の保護膜で構成されている皮脂膜と、何層にも重なり合った角質細胞とでそのキメを維持しています。

 

しかしながら、ひとたびこの皮脂と水分のバランスが崩れてしまうと角質層の順調なターンオーバーも乱れてしまうのです。

角質層のターンオーバーが正常に行われなければ、古い角質がはがれ落ちずに肌の上に残り続けるため角質層が厚くなっていきます。

するとその結果、皮脂腺の出口が狭くなってしまい、ニキビが出来やすい環境に変化してしまうのです。

 

過度な洗顔による皮脂の取り過ぎでも、肌は皮脂不足と判断しますので、その分泌が過剰になります。

 

適度な皮脂がお肌を適正な環境に保っていることを忘れないようにお手入れすることが大切なのです。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>